はじめまして、管理人の神威京太(カムイ キョウタ)と申します。
京都府在住の大学生です。

幼稚園の頃から父親の影響もあり、洋楽を聴いてました。
よく聞いてたのはKornです。

英語はもちろん喋れないながらも自分なりに歌っていました(笑)

Korn以外にもSlipknotも聞いていましたが、
「んーよくわからん」といった感覚を持っていたのを覚えています。

全体的にスピードが早いので自分なりに歌うのも難しく、
なかなか聞き慣れなかったのだと思います。

Slipknotは小学校の高学年か中学生になってからハマりました。
そして、いつ頃、好きになったかは覚えていませんが、

洋楽アーティスト

などのアーティストを聴くようになりました。

ちなみにほとんどのアーティストのLIVEには行っていますが、
初めて行ったのが、MadonnaかFoo Fightersでした。

Foo FightersのLIVEが初めてのバンド系でしたので
音のデカさにびっくりしたのを覚えています。

Madonnaは凄く派手な演出でした。
最初マドンナが出てくるのは天井からで、
しかも、大きなミラーボールからというなんとも凝っているセットでした。

ここまでは基本的にハードロックやヘヴィーメタルとかが多かったですね。
でも、僕が高校生の時に出たKornのアルバムを聴いたことで
新しいジャンルの音楽もハマりました。

The Path of Totality(2011)というアルバムです。

Kornの曲は基本的にギター、ベース、ドラムで構成されているのですが、
このアルバムでは多くのダブステップDJ、エレクトロニックプロデューサーの

方達とコラボした音楽になりますのでシンセサイザーなどの
電子音がKornの音にいい感じに混ざっていました。

このアルバムを聴いた感想は
「ダンスミュージックってカッコイイんや!!」と思い
有名と書いてあったSkrillexをYouTubeで聴いてみました 。

最初聴いた時は衝撃的だったのを覚えています。
「なんやこの曲」良い意味にも悪い意味にも捉えられると思いますが、
この時は悪い意味での「なんやこの曲」って感じでした。

Kornのアルバムでは、ギターなどと混ざって
カッコイイ感じに仕上がっていましたが、

本家は当たり前ですが電子音が、
ほとんどだったので「ん!?」と思いました。

しかも、声が入っていたのですが加工された声が入っていたので、
「なんやこの声!?」みたいな感じで全然受け付けなかったです。

「でも、有名みたいやし」と思いGoogleで
Skrillexについて調べてみました。

色々調べてみると「ほんとカッコイイ」的なことが書かれていたので、
もう一度YouTubeで聴いてみることにしました。

そして、いつの間にか「めっちゃカッコイイやん」
「めっちゃノリがいいやん」って感じでハマっていましたね(笑)

そして、SkrillexのCDを買ったり、二度LIVEに行きました。
それから、EDM系の音楽を聴くようになり、

EDMアーティスト

などのアーティストを聴くようになりました。

そして、大学生になり、オズフェスが日本で開催されると知り、
来日するアーティストの中にSlipknotがいることを知り千葉まで行きました。

その時が初めてのSlipknotのLIVEでしたので、
ワクワクしながら運転(車)していたのを覚えています。

オズフェスで見ようと思っていたのは
Slipknot、MAN WITH A MISSION 、Slashだったのですが、

事前に少し聴いていたマキシマム ザ ホルモンも
ハマりかけだったので見ようと思っていました。

そして、いざ会場に入ると何かのバンドが演奏していたのですが、
メインボーカルが男か女か分からない!

理由は声が高いからなのと遠目で見ると女っぽいし、
いや男っぽいしって感じでした。

でも、曲が凄くカッコ良かったので家に帰ってから
調べてみようと決めてマキシマム ザ ホルモンの演奏を見たのですが、
普通にカッコ良くてハマりましたね(笑)

まあ、そして、家に帰ってから調べてみると
Fear, and Loathing in Las Vegasと知り男ということも分かり
声は加工していたことがわかりました。

Fear, and Loathing in Las Vegasも普通にハマりましたね!
シンセサイザーとかの音とギターなどの音を融合することで
Kornとは少し違うものの、とてもカッコ良いです。

洋楽ほどではありませんが邦楽も少し聞きます。
よく聞くアーティストは、

邦楽アーティスト

そして、EDMのフェスのelectrox(エレクトロックス2014)が
開催されると知り、来日するアーティストを調べるとNEROが
来ることが分かり行くことに決めました。

一様、他のアーティストもYouTubeで聴いてみることにして
色々調べてみるとSteve AokiにハマりHeadHunterzにドハマりしました(笑)

最初はNEROを聞きに行くつもりが、
1番HeadHunterz
2番Steve Aoki
3番NERO
って感じになってましたね(笑)

Stev AokiのLIVEは、とにかく楽しんという感じでした。
やたら大きいケーキを観客席に向けて投げたりして、
観客を盛り上げるための演出がハンパなかったです。

HeadHunterzは普通に楽しかったですし、
特徴的なキック音がカッコ良かったですね。

最後は前列まで来て握手までしてくれました。
僕は欲張って2回してもらいました(笑)

electrox(エレクトロックス2015)も開催されるようなので、
アーティストによっては今回も行こうかなと思っております。

僕の希望としては、Knife Partyがものすっごく来てほしいです!!!
まだ、日本に来日してないので、その時が来たら絶対行きたいですね。

それでは、ここら辺で自己紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました。

追記:2016/8/27

ダンスミュージック好きが講じて2015/7/7に自分で曲を作るためにFL Studio 12の体験版をインストールしました。

そして、2015/11/27に製品版を購入して、曲を作り込みSoundcloudYoutubeに完成曲をアップしています。オリジナル曲からRemix曲まで制作しています。

※曲数はSoundcloudの方が多いです。

追記おわり

トップページへ戻る⇒神威京太のMusic Diary