EDMに関することを調べていて思うことは専門用語っぽいのが出てきて最初は「???」になったことがあったので初心者のためのEDM用語を紹介します。

  


 

よく見かけるEDM用語

僕がダンスミュージックを聞くようになって
ブログやらサイトやらで情報収集していた時に
初めて見る言葉が出てきて「???」になっていたので、

「最近、ダンスミュージックを聞くようになりました」という
初心者の方でも理解できるようにEDM系のブログで使われている用語を紹介します。

※間違っている部分がありましたら報告してくださると幸いです。

ドロップ

1、まず、よく見かけるのが「ドロップ」です(Drop)

ドロップとは日本で言うサビとなる部分です。
曲の中で一番盛り上がる所ですね。

僕のブログではドロップとは書かずに
誰でも分かるであろうサビと書いています。

feat.

2、曲名の後ろに書かれていることが多い「feat.」です。
feat.」とはフィーチャリング(featuring)の略のことで
ゲスト出演的な感じと認識しています。

feat.」の後ろに書かれている場合、
ほとんどの方が歌を入れてると思われます。

例えば、「Skrillexのこの曲の歌の声イイ!」と思えば、
feat.」を見れば分かるというわけですね。

僕のブログでは分かり易く「コラボ」と書いています。

Remix

3、こちらも上記同様、曲名と一緒に書かれる「Remix」です。
読み方はリミックスです。

Remix」とは、元の曲を編集して違う曲っぽい感じにする。感じです(笑)

上手い説明が思いつかないので、例えるなら
Aが作った○○○という曲をBが編集してBらしい曲にした曲です。

この場合はA – ○○○ (B Remix)と記述されていることが多いです。

ちなみに「Remix」をしたからと言って
あんまりオリジナル曲(元の曲)と変わらないのもあります。

もちろん、かなり変わる曲もありますね。
僕が初めの頃に驚いたのはAviciiのLevelsという曲を
Skrillexが「Remix」した曲ですね。

この曲をSkrillexが「Remix」するとこうなります↓

Mix

4、Remixと混同されがちな「Mix」です。(ミックス)
この言葉はマジでどっちがどっちか最初の頃は迷いに迷いました。

Mix」とは、基本的にDJが曲と曲を途切れないように
繋げることと覚えておいていいでしょう。

Remixは、元ある曲を編集した曲。
Mixは、色々な曲を繋げること。

と覚えておけば混同することはないでしょう。
ちなみに「Mix」のことをDJミックスと書かれている場合もあります。

理解すれば簡単なことを何故僕は、なかなか理解できなかったか
と言うとDTM(作曲)について調べてみると

ミックスダウンという言葉にぶち当たるんですよ。
このミックスダウンと「Mix」全然意味が違っていて
「???」となりましたね。

しかも、略してミックスと書かれている時もあって
さらに何が何やらって感じでした。

まあ、DTM(作曲)に興味が無い方は聞き流してくださいね。

VIP

曲名の最後にVIPと書かれた曲がためにありますが、
VIPというのは、その曲を制作したアーティスト本人が
Remixしたバージョンのことです。

「Remix」は他のアーティストで、
「VIP」はアーティスト本人です。

まとめ

よく見る用語はこれくらいですかね?
では、最後に上記のことを簡潔にまとめときます。

1、ドロップ=サビ

2、feat.(featuring)=ゲスト出演(コラボ的な)

3、Remix=元ある曲を編集した曲(作り変えた曲)

4、Mix=色々な曲を途切れないよう繋げること

5、VIP=元ある曲を制作した本人が編集した曲(作り変えた曲)

このように覚えておけば問題ないと思います。

たまに他にも用語を見るときがありますが、
ほとんど見ないし覚えようとしてません。

それに同じ意味として書かれている場合もあり、
意味が分からなくなる可能性もありますからね(合ってるかも分からないですし)

なので、僕は上記の5つを覚えておけば良いと思います。

ちなみにジャンルに関してはマジでよく分からないので、
気になる方は調べてください(;´Д`)

細かすぎて何が何だか・・・。(大まかでいいかと考えています)