ビーツ Studio V2を購入してから使っているわけですが、メリットにもなるけどデメリットにもなる箇所があったので書いていきます。

 


 

メリット!?デメリット!?

ビーツ Studio V2が届いてから、まだ1週間経っていませんが、
良い所でもあり、悪い所でもある箇所を発見しました。

それは、側圧の強さです。

僕が聴く音楽というのはヘッドバンキングとか
暴れたくなるような曲が多いのでヘッドホンが簡単に
外れるようでは困るのです。

その点、ビーツのヘッドホンは簡単には外れないです。

ここまでは良いのですが、側圧が強い分、
長い間、付けてると耳周辺が痛くなってきます。

もちろん、頭の大きさにもよるとは思います。

ヘッドバンキングしても外れないのは良いけれど、
長時間、使うには休憩をはさみながらじゃないと無理です。

そこがメリットでもあり欠点でもあります。

僕の場合で言うと、LMFAOのアルバムを聴いていて
終盤に差し掛かると痛くなってくるので、
だいたい60分ぐらいで休憩を入れてます。

まあ、使い続けていれば慣れてくるかもしれないので、
そこに期待したいですね。

ほんと、この問題については難しい所です。
簡単に外れてしまってはいけないですが、
その分、痛くなるという問題も発生するので。

※追記:2014/12/21↓

購入してからまだ、1ヶ月経ってませんが、
毎日のようにヘッドホンを使っていたら
だんだんと側圧の強さが弱くなってきたように感じます。

前よりも痛くなる時間が長くなったからです。
これは結構嬉しいです!

やはり、耳が痛くなるのは、
ぶっ通しで音楽を何時間も聞く僕にとっては
死活問題でもありましたので。

側圧が強いから購入を諦めていた方も
使っているうちに良い感じの側圧になりますよ♪

だからといって簡単に外れたりしないのが良い所です。