この度、新しいキーボードを入手!以前購入したものと同じメーカーのロジクール製品で非常に打ちやすくてオススメのキーボード。logicool K780のレビュー。

ちょうど一年前の2016年10月26日にロジクールのワイヤレスキーボードとマウスがセットになったMK710tを購入し使っていた。

当時は使い易いと感じていたが、キーボードのサイズが大きく結構場所をとる事とキーボードのストロークが深い&重く少し打ちづらいと感じていた。MK710tの前に利用していたキーボードはSKB-SL17BKという安くてコンパクトなキーボードだった。

ストロークが非常に浅く購入当初は打ちやすいと感じていたが、浅すぎて逆に打ちにくいというか打ち間違いが多くなった気がしたためMK710tを購入したわけである。

浅すぎても打ちにくい、深すぎても打ちにくいことが分かったため、浅すぎないキーボードを探していた所、logicoolのK780に出会った。価格が約7000円と高価なキーボードだった為、悩みに悩んだ末、購入することに決めた。

何度か家電量販店でK780のサンプルで打ち心地を確認して楽天の通販で購入し本日届いて開封してみると今まで使っていたMK710tよりもコンパクトで場所をとらず良い感じ。

重量が結構あり高級感がある。打っていてキーボードが動くということも無いため安定した状態で文章を書くことができる。

肝心のキーボードの打ちやすさも完璧だ!何回も「打ちやすい!」と言っていた笑

ストロークは浅めだが軽すぎず打ちやすいと感じる。今もこの記事を書きながら打ちやすさに感動している。

やはり深いキーボードだとほんの少しのムダが生じると感じるが浅めのキーボードであれば、高速で入力することができ、打感が軽くないためしっかりと打ち込んでいると認識できミスタイプも少なくなり良い買い物をした。キーが丸い所が打ちにくいのではないかと思っていたが、全く打ちにくいこともない。

そして、音も静かいこともグッド!無音というわけではないが音が低音というか本当に高級感のある音のように感じる。カチャカチャではなくトントンという感じ。

また、画像を見ていただいたら気付くと思うがキーボード上部に白い窪みがあると思う。その窪みにはスマホやタブレットを立て掛けることができる。

倒れることもなく非常に安定して立てることができる。マルチキーボードということもあり、Bluetoothでスマホなどと繋げばLINEなどの返信をキーボードで行うことができる。

購入するか悩みに悩み、購入して良かったと思えるキーボードであった。

【Logicool ロジクール K780】