プロの曲と同じような作品にするための一つが音圧だと思います。音圧を目で見て分かるRMSメーターを導入しましょう。

 


 

T-RackSのRMSメーター

FL Studio 12を購入してから曲を作りまくっている京太です。
曲は作りますが、ミキシング・マスタリングは全然やってません。

やっていない理由の一つが自作曲の音圧を知りたかったからです。
やっぱり、プロの曲に近づけるには高い音圧が重要だと思っているからですね。

音圧が低い状態でYouTude等にアップしても
「音小っさ」とか「迫力がない」などと思われてしまうかもしれません。

せっかく、良い曲が出来ても音圧が低いために
聴いてもらえなかったら意味がないですからね。

なので、音圧が分かるRMSメーターが欲しかったんです。
FL Studio 12にはRMSメーターが付いていないので、
無料で使えるT-RackSのRMSメーターをインストールしました。

こんな感じのメーターです↓

RMSだけでなくPEAK、ラウドネス、位相、スペクトルアナライザも
一緒になったプラグインです。

あとEQも無料で使えます。

インストールしてSkrillexのScary Monsters & Nice Spritesと
Major LazerのRoll The BassでRMS値を確認してみました。

Skrillexは音圧が他のアーティストよりも高いなと
思っていたのですが、案の定、高かったです。

サビの所が5までいっていました。
その他の部分は10以下になったり、10~12当たりだったと思います。

※数値が低い方が音圧が高い

Roll The Bassはサビが7ぐらいだったと思います。

まあ、MP3に変換しているので、
多少の誤差はあるかもしれないですが。

で、いちよう自分で作った曲も測ってみました。(MP3)
サビが7当たりで、他は10~8当たりをウロチョロしてました。

たまに11~もありましたが、聴けるぐらいの音圧はあるかなと思います。
さすがに5はキツイですね(笑)

これで「音圧低いんかな?」と不安になりながら
ミキシング・マスタリングをせずに済むので
どんどん曲を完成していきたいと思います。

来年からは就職するので、
時間がほぼほぼ取れないでしょうから
今の内に終わらせたいですね。

完成したらYouTudeとSoundCloudに
アップしようかなと考えています。

あっあと、Skrillexの人気曲のリミックスを作ろう!の記事で
書いたScary Monsters & Nice Spritesのリミックスを作る件ですが、
いちよう完成しました!

こちらもミキシング等が終われば、
アップすると思われます。

ふぅ~なんかドキドキしてきた(笑)
まさか自分が制作側になるとは・・・(‘Д’)

T-RackSのRMSメーターのインストール方法などは
僕が参考にした下記サイトをご覧になられると良いと思います。

T-RackSの入手方法!IKに登録してフリーVSTプラグインとしてオススメなT-RackSのメーターとEQを使おう!