DAWソフトのFL Studio 12を購入したのでレビュー致します。

 


 

テンション上がりまくり!!FL Studio 12の購入♪♪

今までFL Studio 12のデモ版で作曲をしていたのですが、
この度、FL Studio 12の製品版を購入致しました!!!

昨日、届きまして、
今日、インストールして動作確認しました。

元々、パソコンの中にはFL Studio 12がインストールしてありましたが、
念の為、購入したCD-ROMから再インストールしました。

元々あるファイルを削除してからにするか迷いましたが、
よく分からなかったので、そのままの状態でインストールしました。

それでも特に問題はなかったです。

また、プロジェクトファイル(曲の元となるファイル)と
追加したシンセのプリセットファイルも念の為、
バックアップをとっておきましたが、消えたりしなかったです。

日本語マニュアルも付いてきたので、
特に難しいこともなかったです。

そして、起動させ、ある事を確認して
テンション上がりまくりました♪

今まで制作した(途中)プロジェクトファイルを
ロードできたことです!!!

FL Studio 12のデモ版は、一度、保存したファイルを
再編集できないという制限があります。

「demo」という字が無くなったよ!!!

今まで作ったプロジェクトファイルの中身に
再会できた時はマジで感動ものでしたよ!(笑)

あとデモ版だったから行えなかったのか分かりませんが、
「Save preset as」という所をクリックできなかったんです(泣)

「Save preset as」をドラッグ&ドロップして
同じ設定のエフェクトを違うトラックにも適応したい!
って時にコピーすることができます。

今まではクリックできなかったのですが、
製品版を購入したからか出来るようになってました!!ウレシイヨ(^^♪

あと上記の同じような感じなのですが、
「Clone」機能も使えるようになっていました!!ツカイタカッタキノウ^^

などなど、製品版にしたことで、
使えなかった機能等が使えるようになってました♪マジウレシイヨ!!

あと書きたかったことは・・・・・・
あっ、購入して上記写真にある通り箱で届くんですが、
この箱が無駄にデカい(笑)

CD-ROMと比較した写真↓

ちょっと分かりずらいかもしれないですが、厚さが結構あるんです。
何が無駄かって中身CD-ROMと攻略本と紙だけっていう・・・。

しかも、箱の中は完全に空洞で、
はじめ開けた時に中身を一気に出す為に逆さ向けにしたら
CD-ROMとかが一気に落ちてきたっていう(笑)ワオ!!

僕のイメージとしてはCD-ROM等の型を採ったものが中に
入っていて固定されてると思っていましたが、そのまま入ってた分、
この「分厚さ必要?」って思った(笑)ホンマソレー

そして、ちょこっと触れましたが、
僕が購入したのはBOX版になるんですが、攻略本付きでした♪イエイ!!

Box版なら必ず付いてくるのか分からなかったので、
「攻略本付き」的な表記をしている所で購入しました。

もし、攻略本を個別で購入する場合は3000円ぐらいと
まあまあな値段なので攻略本付きは嬉しいです。

ちなみに本体を買った時の値段は約3万円でした。

FL Studio 12にした理由

DAWソフトは結構な数あると思うのですが、
僕がなぜFL Studio 12に決めたかを書きます。

DAWソフトに興味を持ち始めた時は
Skrillexが使っているAbleton Live 9にしようと思っていました。

が、「製品版を購入する前に体験版を使いたいな」と
思った時にFL Studioだと使用期限が無期限だったので、
FL Studio 12で作曲を始めました。

※Ableton Live 9だと30日

そして、使っていく内にFL Studio 12の操作に慣れ、
「今から他のDAWソフトを初めから使うのめんどくね?」という理由(笑)

それとFL Studioを使っている海外の人が多いという理由。
これはYouTubeなどで作曲テクニック等を学ぶ時に
ダンスミュージック系で調べると日本語がほとんどない!!!ハァ~↓

なので、必然的に英語での検索となり、
英語で説明している動画を観ることになるのですが、
使用DAWソフトがFL Studioの人が多かったんです。

やっぱり、同じインターフェイスで学んだ方が分かり易いですし、
言葉がさっぱりな分、画面だけは同じやつが良かった為です。

それと(笑)マダアルヨ~

「Ableton Liveってよく分からん」ってのがありました(笑)
セッションビューについては何となく理解しましたが、
そもそもセッションビューとアレンジメントビューの
「2つも要らんやろー」って感じで「よく分からん」って感じでした。

あとFL Studioの気に入っている所はプレイリスト上の
どこでもMIDIやオーディオなどを配置できる所ですかね!!

正直、他のソフトは詳しくないのですが、
普通って「ここの欄はキックだけ」と決まってません?ヨクシリマセン…

でも、FL Studioだとキックやらメロディやらを
ごちゃごちゃに配置できるのがいいんですよね~^^

まあ、整理しないとぐっちゃぐっちゃになりますが・・・。

結果的にはFL Studio 12に決めましたが、
Ableton Live 9の機能も結構捨てがたかったです。

Ableton Live 9って結構、自動で何でもやってくれるらしく、
便利なので、どっちにするか迷いました。

FL Studioだと何回かクリックしないといけない所も
ワンクリックだけで行えたりとマジで魅力的です。

あっあと、ライフタイムフリーアップグレードが
あるってのは、 物凄く良いサービスだと思いましたね♪

ライフタイムフリーアップグレードとは、
FL Studioがバージョンアップしても無料でバージョンアップ版を
インストールできるサービスです。マジカヨ!!!

FL Studio 12が13になっても無料!っていうね(驚)
他のソフトだとバージョンアップする度に購入しないと
いけない所を無料だと!!フトッパラダネ

このような理由でFL Studio 12に決めました。

これからは曲の作り込みが行えるので、
今よりもクオリティーの高い曲を制作でき、
僕が満足できる曲が完成次第YouTubeなどにアップしていくつもりです。

まあ、1ヶ月後とかでは無理だと思うので、
気長にお待ちください。

また、その時はブログでも報告しますね。

追記:2015/12/03↓

書き忘れていた事があったので追記しときます。
の前に季節の変わり目ということで
いつもの如く風邪を引いている京太です。

FLを購入してから時間があれば、
起動させて曲を作っていますね。

今まであれだけ聞いていた音楽も
今ではほとんど聴いてないです・・・。
音楽を聞き出しても、すぐに「やっぱ音楽作ろ!」って思ってしまいます。

で、追記としてFLにした理由ってわけではありませんが、
今思えば、良い機能だなと思った所を書きます。

それはキック、クラップ、ハット、スネアが最初から
ステップシーケンサーにインサートされている事です。

購入する前に他のブログ等で上記のことが
良い所として挙げられていました。(すぐに作曲できるよ的な)

その時は「どうせ、違うキック等に変えるしなー」と
魅力的には思いませんでしたが、

今思えば、違うキック等に変えるけど、
音色探すのを最初にするのは面倒!なんですよね。

最初にキックはこれで、スネアはこれでと決めたとしても
シンセの音色や曲の雰囲気によっては変える場合ってありますよね。

つまり、時間を短縮できるって事です。

最初にインサートされているドラム類で
仮のパターンとして作っておいて、
完成間近で欲しい音色に変えれば良いということに気付きました。

時間は短縮できるし、わざわざインサートせずに始められるし、
何より面倒じゃないって所が良い所ですかね。

以上が追記です。

おまけ

EDM制作を始めるならサンプル音源を集めよう!の記事以降
暇さえあれば+気が向けば、無料のサンプル素材を集めてます。

多いのか、そんなもんなのか分かりませんが、
だいたい4GB分のサンプルを集めました。

ファイル数が約3000個なのですが、
もう多すぎて何が何だかって感じに陥ってます・・・(汗)

勿論、キック・効果音などで分けていますが、
「あのキックはどこのフォルダーやっけ?」ってな感じに・・・。

どうやって管理すれば、分かり易いのやら。

おまけ Ⅱ

今日からではないと思うのですが、
僕の気持ちを表す為に半角カナを導入することにしました。

なんだか文章がポップ?な感じになり
結構気に入ってます♪(笑)

にしても普段より書いたな~
約3000文字だ。

FL Studio 12を通販で見てみる

amazon


Image-Line 統合型音楽制作ソフトウェア FL STUDIO 12 SIGNATURE BUNDLE 解説本バンドル【国内正規品】

楽天


【送料無料】 IMAGE LINE Image Line 〔Win版〕 FL STUDIO 12 SIGNATURE BUNDLE -解説本バンド…