ダンスミュージックを聞いていると一度は聴いたことがある特殊効果の作り方をご紹介します。

 


 

Filterを使えば、EDMっぽく仕上がる!

DTM初心者向けの記事になると思われます。
使用しているDAWはFL Studio 12になります。

ダンスミュージックを聞いている方なら
一度ぐらいは聴いたことがあると思われる音、
エフェクターを使って簡単にできる音響効果です。

言葉で説明するなら、クラブやライブから車など、
室内で音楽を鳴らしている時に外で聴くような感じの音です。

要は、低音だけが聞こえてくる感じ。
僕が適当に作ったのはこちら↓

『untitled』

雰囲気だけでも伝わったでしょうか?

僕はこの音響効果(?)の作り方を
何ヶ月も前から知りたかったんですよね~(笑)
曲に取り入れたかったからです。

ただ、どう検索して良いかが分からず、
色々な言葉で検索したんですが、求めていた答えは見つからず、
結局、その時はEQで中域~高域を削り、オートメーションで
上記の効果を作ってました(笑)

フィルターを使えば、できるんだろうなと思っていたのですが、
いまいちやり方(設定)がね~・・・。

そして、昨日ぐらいに思い出したのですが、
【FL Studio 12】EDMで使える!Noise Sweepの作り方
でも取り上げた設定で出来るのでは?と思って、
行ってみると出来たのでご紹介します。

まず、Fruity Filterをマスタートラックに挿します。
別にマスターでなくてもフィルターを通したいとこだけでOK。

僕が作った音源では、上記の設定にしています。
Cutoffを少しだけオンの状態から始めています。
理由は、ゼロにすると音が出ないからです。(一瞬、無音になるため)
まあ、お好みで^^

Resonanceってのは、半分ぐらいにしてますが、
本当は100%にした方が良い感じの効果を得られます。

ただ、僕が使ったシンセだと不快な音になった為、
半分ぐらいにしてあります。

EQで調整したりすれば、良かったのですが、
・・・・・・面倒だったもので。

次にCutoffをオートメーションで徐々に
マックスにしていきます。

紫色がCutoffになります。
緑色はFilterのオンオフに使用してます。
→オンの状態からオフにすることで元の音に戻しています。

てな感じで完成です!!

今回はシンセとキックの両方にフィルターを通しましたが、
キックだけ、シンセだけとかでも良い感じの効果を得られるので、
試してみる価値ありだと思います。

多分ですが、DiploのRevolutionのイントロでは、
ドラムだけフィルターを少し通しているのではないでしょうかね。

25秒あたりからの所です。

アイデア次第で面白いのが作れそうですね(^^♪

P.S.

そろそろお金が貯まってきたので、
FLの製品版を購入できる日が近くなってきたような気がします♪

ただ、来週は東京っていうか千葉で
Ozzfestを見に行くので・・・何とも言えませんが。。。

てか、千葉なのにアーティストの方々は
「東京ー!」って叫ぶ所がなんだか千葉の人、
可哀想といつも思うのですが・・・。

日本のアーティストも「東京ー!」と言うので、
少しだけ疑問なのです。