僕が日頃、役立ったことを忘れないため、もう一度見たいと思った時に参考にしたサイトの記事が削除されていて見れないなどを避けるために僕のサイトにメモという形で残すため書いた記事です。

僕が見直したときに理解できる程度でしか書いていないですが、ご了承ください。

Free Video内の音楽ファイルなどをDownloadsに移動

Free Videoの動画ページから、目的の動画ファイルをタップ長押し。

操作の候補が表示されるので「次の方法で開く」をポチ

どのアプリで開くかを聞いてきますので、希望のアプリを選択します。
ここでは「Downloads」をポチ

「Inbox」に自動的に保存されます。

※DownloadsでなくてもClipboxも可

i-FunBoxを使いDownloads内のファイルをPCに移動

i-FunBoxを起動
①iFunbox Classicをクリック
②Appファイル共有をクリック
③Downloadsをクリック

目当てのファイルをクリック
「PCへコピー」をクリック

Freemake Video Converterを使いMP4からMP3に変換

Freemake Video Converterを起動。
①ビデオをクリック
MP3にしたいファイルを選択
②MP3をクリック

ちなみにFreemake Video Converterをインストールしたら一緒に2つ、よく分からないのがインストールされてたのでアンインストールしました。

MP3ファイルをiTunesにコピー

曲ファイルをiTunesのウィンドウにドラッグ&ドロップ。
ドラッグ&ドロップする前に下記のことが設定できているか確認すること。

取り込んだデータの保存先

初期設定ではiTunesに読み込んだデータは特に新しいファイルが作成されるわけでもなく、元のファイルのあった場所にあります。しかし、この元のファイルを移動してしまうと、iTunesではその曲の再生ができなくなってしまいます。曲ファイルを一元管理するとこのようなことがなくなります。

ショートカットキーの[Ctrl] + [,]キー(マッキントッシュの場合は、[commond]+[,]キー)を押して「環境設定」画面を開き、【詳細】をクリックします。【ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする】チェックを入れて【OK】をクリックで設定変更です。

これで読み込んだ曲データは全て[iTunes Media]フォルダーに保存されます。[iTunes Media]フォルダーの場所は、設定で変更可能です。
元のファイルを残したままコピーしますので、元ファイルが不要の場合は削除しましょう。

あとはアルバム名などを変更すれば完了。

僕が参考にしたサイト様は以下の通りです。

音楽CDやファイルから楽曲を読み込む

iPhoneアプリにダウンロード・保存した動画データを直接PCに取り出す方法( i-FunBox)